春原日記~my diary~

手術は・・・

手術はかなりリスクの高いもので、死んでしまうかもしれないと言われていましたが、先生達の実力なのでしょうか、手術は4時間くらい、成功しました。

首の手術をしたので、かなりな痛みが起こるようで、苦しそうでした。それから痛い地獄がやって来ました。

前は少しでも話を伝えたいという状態でしたが、この頃は話が分からないと「もういい」とあっさりやめてしまう態度を取るようになりました。

手術の3日後からリハビリが始まりました。脊椎損傷したんだから、リハビリしてもどうにもならないのでは・・・とあきらめ気分な私とは違い、リハビリの先生は、少しでも手が上がるようになって、ご飯を食べられるようになりましょう・・・と軽々と言います。父も母もその言葉にすがるように、歩けるようにはならないけれど、手が使えるようになって、家に帰れるんでしょう・・・とおもっているようでした。

私は人格の変わった父は苦手で、風邪をひいたのをいいことに、面会に行っていません。

父は手術さえ終われば、妹から身体の機能はこれ以上良くならない、呼吸器がはずれるだけだ・・・と言われたけれども、もっと良くなると思っていたのでしょう。だから呼吸器は撮れたけど、補助酸素はなくならないし、リハビリで疲れるし、そんな自分が嫌なのか、手が動けば、もう少し文字表を使って気持ちも分かってあげられるのに、全然彼の気持ちが分からなくて、だからもう嫌になってきたのか、面会も話を聞く気分ではないようです。

そして病状も落ち着いてきたので、救命の大部屋に移動しました。そこはICUが天国だったと思えるほど、狭くて、環境も悪い、アラ-ム音がうるさくて、白い天井しか見えない、横には酔っぱらいのようなずっとおしゃべりをしているぼけたじいちゃんのいる、確かにそこはうざい場所でした。
[PR]
by ellie9889 | 2006-10-27 01:06 | ひとりごと・・・
<< そして明日は・・・ 手術の話は・・・ >>



私の毎日のちょっとした発見を書いていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧