春原日記~my diary~

日本ハムおめでとう♪ そしてその後・・・

今日は、妹(看護師)と母と私で、ソ-シャルワ-カ-の人に会ってきました。

母は本で、私はネットで勉強していたので、いろいろつっこんだ話が出来て、とても興味深かったです。

補助的な酸素供給をやめて、気管切開をやめたらなのか、いつ行くのかまだ明確ではなかったのですが、いきなり転院したいと言って、はい。どうぞと言うわけにはいかないと言うことで、脊椎損傷による身体の麻痺の専門のリハビリ病院の申込書を書きました。

その病院は、車で1時間ぐらいかかるところにある、電車とバスで2時間くらいかかるところにある、リハビリ専用の病院です。そうすると週に1度か2度しか会いに行けません。しかし近くのリハビリ科のある病院はあまりいけていないので、そこはパスしました。脊椎専門でないからです。

それから治療費の支払いについて、今後の動きの選択の仕方の説明をうけました。今のままだと、父は障害者1級に間違いなくなるので、区役所に相談すると、1円も払わなくて済むと言うことが分かりました。私は高額医療費委任払いを続けるのかと思っていたら、障害者手帳がそんなに威力のあるものだとは知りませんでした。

うちは両親が働いて、お金は長生きしたときに使おうというような取り決めをしていたらしく、今父が働けず、母も半分くらいしか働けないと、食べていくこともままなりません。私が働ければいいのですが、病気のため仕事に就けないので、ただ母のそばにいてあげることしかできません。
役立たずな自分を呪いましたが、妹に「お姉ちゃんがお母さんに付き添っていなかったら、お母さん、精神的にだめになっちゃうよ」という慰めのことばをもらったので、それを信じて家には帰らず、実家に当分残ることに決めました。夫には迷惑をかけると思いますが、夫にはまだ孝行する時間が余っていると思いますが、父や母にはそんなに長くないのではという気がしてならないのです。

ちなみに母は私の前では脳天気にしています。ちゃんと眠れているようだし、安心です。
私は父の態度にストレスを感じていて、いつでも父を思うと辛いです。心の中で辛いのは今のうちだけだからねと父に思いをおくっていますが、届かないみたいです。発信も電波弱いし、着信する方も、アンテナたっていないのかもしれません。

とにかく今辛い時期なんだと思います。これを乗り越えられれば、楽になるはずです。水戸黄門方式です。♪人生楽ありゃ、苦もあるさ♪です。

父を見ていると辛いのに、母は伴侶なだけあって、何を言われても、従順です。もし傷ついているのに頑張っているんだったら大変です。

どうして父は辛い道辛い道を選んで生きていくのでしょう。そして私は甘ったれた人生を送っているのでしょう。

昔父の首は病名がつかず、慶応病院に通っていたころですが、一度父母は霊媒師のところへ行ったそうです。父は青森出身で、集団就職で東京に出てきました。本来なら設計事務所で働くはずでしたが、何かの手違いで、おそば屋さんで働くことになりました。父は細かいことが好きなので、設計する人になりたかったのです。おそば屋のお兄さんなんて晴天の棋歴。青森に帰ろうかと思ったのですが、貧困な自分の家のことを考えるとそんなことは出来ないと、我慢して、おそば屋で働きました。父は不平不満も言わず、積極的に働いていたので、お店のオ-ナ-に認められて、20歳代後半で、母と自分のお店をもてるようになりました。青森では兄弟の末っ子でした。父親は(私から見れば祖父)は父が小学校低学年の頃亡くなり、母親が貧乏しながら、子供を育てました。

何もその霊媒師には言いませんでした。しかしその霊媒師は、「あなたのお父さんは、どぶろくをよく作った。酒好きの白い蛇がたくさんいつも集まるので、片っ端から、鎌や鉈で殺していった。その蛇の親子の呪いのせいで、あなたの首は異常な形になってしまった。末代までたたるらしい」と。
父はあまり父親の記憶がなかったので、家に帰るなりお兄さんに電話した。すると確かに畑の真ん中の小屋でどぶろくをつくり、蛇を片っ端から殺していったのは事実だと言うことが分かりました。
その霊媒師に言われたとおり、毎日神社の裏に、卵を1つ持って行って、1週間通いました。

父はそんな呪いなら、自分の代で終わらせたかったのです。

霊媒師に質問しました。「何故兄貴でなくて自分にとりついたのですか?」
「お兄さんは気性が荒いので、居心地が悪い。だから穏和なおまえについた」と。
確かにお兄さんは、勉強も出来るけれども、けんかも強くて、そこいらでは名の知れた人でした。

そんな霊媒師の話なんて信じるなんてナンセンスなのかもしれません。ただの疲労骨折のようなものだったのかもしれません。しかしなんとなくそれを信じてしまう自分がいます。

父が決着をつける気なんだと。
[PR]
by ellie9889 | 2006-10-27 15:14 | ひとりごと・・・
<< 父の笑顔・・・ そして明日は・・・ >>



私の毎日のちょっとした発見を書いていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧