春原日記~my diary~

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

薔薇の咲き始め

f0089461_1211119.jpg


バラって、こんなに寒くなってから咲くの? 結構根性あんのね。
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-24 01:21 | 毎日の写真

春海登場・・・

f0089461_2302919.jpg


今日は妹が子供達を連れてきました。

春海(4才8ヶ月)、かなりなナルシスト。自分が世界で一番かわいいと思っている。

昊大(ひと月と12日)(こうだい) 男の子だけあってか分からないけど、かなりたくましい。ただ今肥満中。

インタ-ネットで春海の写真を出していい?って言ったら、新しく撮らされました。撮ったら、「かわいいね~」の連発。

凄すぎるぞ。

そしてこの台風のような集団が帰って行ったら、熱出ました。知恵熱?
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-14 23:00 | 毎日の写真

父のその後・・・・

まだまだ、救命にいる父です。

顔色もだいぶ良くなり、今は、鼻から胃への栄養食に加えて、リンゴゼリ-を口から食べる練習をしているそうです。

足の動きも、手の動きも、ほんの少しだけど、だいぶ丈夫になりました。でも感覚はあまりない・・・というのが本音。

足でナ-スコ-ルを押します。
それが上手になったので、手でナ-スコ-ルを押してみようということになったらしく、おととい病院へ行くと、手にナ-スコ-ルを持たされていました。
父は手の感覚がないので、ナ-スコ-ルを持たされても、どこがボタンでへこんでいるのかが分かりません。

「それなのに、足のナ-スコ-ルを取り上げられた。まだ使えない、手のナ-スコ-ルにされても、寝たらどこに行ったか探せないし、だいたいボタンがどこだか分からない。」とかなり、病院への不信感、看護師さんを呼べない焦燥感、不安感がつのってしまい、家族に不安を訴え続けました。

これは新しいステップへ進もうという、医師、看護士さん達の考えだったのですが、反対に父の心を閉ざしてしまいました。

結局もとの足で押すナ-スコ-ルに戻ったのですが、父にはステップアップということが、理解できていないと思います。どんなに話しても。

気管切開した所に酸素を送っているのですが、もう酸素がなくても大丈夫なので、酸素を止めたら、苦しいとナ-スコ-ルで訴えたそうです。今はほんの少しの酸素を送っているだけなのに。


不安感・・・ 私にもありますよね。みなさんにもあると思います。
父はタンを取ってもらったりするのに頼む、ナ-スコ-ルが唯一の命の綱なんだと思います。

ナ-スコ-ルが見つからなくて、越した夜の怖さを、もう体験したくないのでしょう。

体が動かないって怖いことなんですね。

でもリハビリはかなり頑張っています。

すべてうまくいって、神奈川リハビリテ-ション病院へ転院させてあげたい。

父の言った「負けるもんか」という台詞が耳についています。きっとあの人ならできます。

それで家に帰ってきて、ビ-ルの入ったグラスを口まで持っていけて、たばこを出して、口にくわえて、ライタ-で火をつける。これだけやらせてあげたい。そして、孫2人の明るい顔をやかましい叫びを聞かせてあげたい。

(救命だと、12才以下は入れないのです)

あとお風呂も入れてあげたい。

家に連れて帰るなんて、夢みたいなこといっているけど、夢というか目標というか、なんか持っていないと、つらいから。

父は心臓も止まって、呼吸も止まって、その時死んじゃうこともできたはずなのに、助かって、毎日体中が痛い生活で、リハビリはかなり厳しい。

まだこの世で学ばなければならないことがあるのだと、考えました。
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-14 22:55 | ひとりごと・・・

猫はこたつで…

f0089461_9203617.jpg

まだ、おこたの中では丸くなりませんが、こたつサイドで熟睡?

なんかうらやましいなあ。コイツー!

今日は雨。なんかお出かけするの嫌になりました。
でも~コイツとキョウゾンするために、薬をもらいに病院に行かないと、喘息がでるのよね。

ん~悩める…

行かなかったら、非難ごうごうやろなあ。

でも雨が…(始めに戻る)
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-11 09:20 | 今日の猫山さん♪

IKEAに行っちゃった(^-^)

f0089461_055277.jpg


日本に来てくれてありがとう♪

モスクワで大変お世話になりました。IKEAさん。
本当に素敵でした。もう1日いても楽しめる。

あのロシアで、鉛筆くれるの?メジャ-まで?値段安い・・・まじまじ!?

何人の友達がIKEAマジックにかかったことでしょう。

今日も港北店で、楽しめました。モスクワほどじゃないけど。

それからミ-トボ-ル。やっぱりジャムをつけては食べられません。ごめんなさい。
レストランのメニュ-位、日本風に変えてもいいんじゃないかな?と友達と意見一致。

つい、990円のランプ<電球2個<バスタオルと値段の付き方が分からない買い物をしてしまいました。これもIKEAマジックやね。

欲しい物はたくさんありました。1500円のミニテ-ブルは最後まで本当に欲しかった~。

港北は遠くないから、また行っちゃうかもね。(笑)

IKEAサイコ-♪
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-08 00:05 | おすすめ・・・

手がホカホカ…

f0089461_22225971.jpg


あつたかホカホカ手袋です。

それにしてもトミ-リ-・ジョ-ンズさんは何故八代亜紀にはまってしまったんでしょう。疑問?
そこがおちゃめか!?
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-06 22:22 | ひとりごと・・・

アレルギ-ぜんそくがひどくて・・・

今、実家に住んでいるのですが、そこに大好きな天敵がいます。


にやお♪とかいっている、あいつらです。

とっても好きなのですが、アレルギ-がひどくて、この家に泊まりだしてひと月。
昼間もぜ~ぜ~いうようになりました。吸入使いまくって、薬もマックスに飲んで対処していますが、そのうち薬が足りなくなるので、仕方がないから明日は、妹夫婦のクリニックへ行ってきます。

ついでに痔の薬と、かぶれの薬ももらっておこう。(笑)

うちのにゃおことちゃぺは、よく分かりません。父以外の人になついていません。だから父がいないのが落ち着かないのか、あっちいったり、こっちいったり、AHO猫か!と叫びたくなります。

この猫は、私たちがお嫁に行ってから飼われたので、娘がいることは全然知りません。だから私たちは邪魔者でしかないんです。孫の春海をみたら、「ぎょ~怪獣」とか思っているかもしれません。責めまくりですから。

という訳で、眠くなってきたので、うちのチャペの話はおしまい。

ちゃぺ・・・・捨てられていたのを、近所の小学生が拾い、家で飼えないから、通学路の途中のうち(その頃はおそば屋でした)に来て、「おばさん、このこ飼えないから、あげる」と言われ。素直にもらった母も母だ!
特徴:超びびりや。音が特に苦手。じゃれてるつもりか、まじ噛みをしてくる。お陰で家族は傷だらけ。爪研ぎがあるのに、絨毯や畳で爪を研ぐのが好き。トイレは外で遊んでいても、わざわざ戻ってきて家でする。布団に絶対入らない。猫ベッドも嫌い。なかなか鳴かない。いつも変な方を見ているので、超気になる。
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-06 02:51 | ひとりごと・・・

登場おそくなりました。

f0089461_23153596.jpg



遅くなりました。10月2日生まれの昊大(こうだい)です。
もう生まれてひと月たちました。

1ヶ月検診で、あまりにおっぱいを飲みすぎて1.5キロも増えてしまい、太りすぎ!!!と怒られました。でもママのおっぱいは大好きです。

どうぞこれからよろしくおねがいします。(*^_^*)
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-04 23:24 | 毎日の写真

だんだん、良くなっている?

鼻から入れている、お食事も量が増えていき、点滴も両手だったのが、片手になり、今は点滴もなくなりました。

ただ、自発呼吸をしていますが、タンがうまく取れないので、気管切開したところから、管を入れてタンを取ったり、鼻からのお食事が栄養満点になって行くにつれ、点滴のように落として入れているので、管がつまって、落ちなくなってしまうのが困るところでしょうか。

平日は毎日あるリハビリがかなりつらいらしいですが、少しずつ上手に足を動かしたり出来るようになりました。今では足でバイバイしてくれます。

父は閉所恐怖症なのですが、今でもベッドの横に立たれると突然離れろ・・・と行ったりします。始めは分からなかったのですが、なんでも言うことはきくことにしています。
私たちにだけ、わがままが言えるのでしょうから。

脳には何の問題もないと断言されましたが、自分の麻痺を受け入れるのは大変なんだと思います。見えないところで、何度も泣いているんだと思います。

負けたくない・・・

と、私たちは聞いたけれども、63才体力もそんなにある訳じゃないし、リハビリはかなり辛いんだと思います。

しかし今日妹は、もう急性的な治療というものが必要なくなってきているから、転院して、リハビリを中心な病院に行くんだよというと、かなり辛そうな顔をしていたそうです。行きたくないのが本心かもしれません。

それは決して近くの病院ではなく、家族は週末にしか行けず、辛いリハビリのある病院へ、受け入れてもらえれば行くのです。

母もわがままが多く、一緒にいる私もかなり辛くなります。
そうだよね、伴侶がこんなにも早く、辛い状況になって。

私が一番辛くなってきました。みんなの辛いのを見ているのはかなり酷です。
これが長女の使命なのでしょうか?
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-04 23:13 | ひとりごと・・・

少し落ち着いたの?いいえ、まだみたいです。

今日はやっと区役所に、障害者手帳申請書と高額医療費委任払いの申請書をもらってきました。
ついでに、おととい私は階段から落ち、昨日は布団に滑って、思いっきり左手をついて思いっきり転びました。私、このところ変?よく転ぶんだけど?と美人薄命へ持って行こうと思ったけど、無理そうです。でも転んだせいで、ただ今接骨院へ通院中。

それにしても、派手に転んだのに、例え家の中としても、誰からもつっこまれないと寂しくて、そのまま立つ気をなくしますね。良かった、他の家族がいる実家で。家なら誰もいなくて、一人寂しく、痛い・・・・(T_T)しかないから。

でも母に真面目に「ちゃんとしなさい!」と怒られるのもやっぱり腹が立つ。わざわざ痛い思いをするために、階段から落ちている訳ではない。私はどちらかというと、降りるより先に落ちる瞬間の夢というか、感覚を感じるので、気をつけて降りていたのに、靴下がスベ-ル素材ですべったのです。

それで学びました。さわり心地がいい→ツルツルするということを。

さて、区役所には相談に行ったのに、素直に申請用紙を出されてお終い。あれ~?

時間が早かったので(お見舞いは平日は午後3時から何です)、うちの母をリフレッシュさせるために、湯けむりの里(健康ランド)に行きました。今夜ですが、まだ体はほかほかしています。温泉に長く入れない私は、休憩所でころんとしていたら、爆睡。昨晩も爆睡。体が睡眠を求めています。

さて、病院ですが、始めに言ったときは、父が寝ていたので、眠らせておきました。それでなくても夜痛さで眠れていないようなので。

今うちの父は、経口栄養剤?鼻から入れて胃まで入っていくので、味も何もわかりません。それが点滴のように管で鼻からいくのですが、その液が、栄養を濃くするので、どろどろで、うまくながれてくれません。看護師さんのいないところで、いぢっでます。ごめんなさい。でも看護師さん忙しくって、そんなことくらいで、呼んではいけないオ-ラ。つらいです、お忙しいのに。

父はよく「離れてろ」と怒って言うのですが、どうやら圧迫感を感じてつらいみたいです。
救命の大部屋はたしかに狭く、しょっちゅうなるアラ-ム音、白い天井。(父は首が動かないので横を向けないので)そうでなくても、結構圧迫感があるんだろうなと分かりました。分かったら、その行動も怖くなくなりました。
[PR]
by ellie9889 | 2006-11-01 02:06 | ひとりごと・・・



私の毎日のちょっとした発見を書いていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧