春原日記~my diary~

<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました。

今年もお世話になりました。

本当にありがとう。

一緒にいてくれた友達、貴重な時間をありがとう。

全然一緒にいれなかった夫、本当にごめんなさい、でも文句も言わずにいるあなたに感謝しています。

忙しいのに、アホな私と遊んでくれた、妹、姪、甥、ありがとう。愛情を感じています。

突然10月に大変なことになった両親、これが学びだと思います。一緒に頑張りましょう。

ホントに今年もお世話になりました。

来年もよろしゅう。
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-31 21:31 | ひとりごと・・・

毛がぼそぼそに…

f0089461_2331184.jpg

うちのちゃぺです。
毛がぼさぼさです。
いつもは父がお風呂で週一ブラッシングしていたのですが、父は入院しているし、自宅に戻っても、猫の世話なんてできないんだけど、母は忙しいし、私はアレルギーだし、誰もうちではできない。
そしてこの子は極度の人見知りで怖がり。
以前ペットホテルに預けた時には、迎えにいっても怯えがとれなくて、家に帰ってからも、落ち着かなかったのです。

トリミングしてもらう訳にもいきません。〓〓

だからどんどんモップ化しています。誰かうちに3ヶ月位くらいステイして、うちの猫が慣れたら、ブラッシングしてもらえませんでしょうか?

はぁ。

私は喘息をひどく併発している風邪でした。ステロイド内服で治療です。
はぁ。

みなさんも、年末ですから風邪をひどくされませんよう。
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-29 23:03 | 毎日の写真

マイレ-ジおいしいですわ。

朝起きて、ああ、風邪は良くならないから、明日の昼までには病院に行かないと・・・・

と思ったら、今日の昼までやった。焦って着替えて、病院へ。

ついでにマイレ-ジをEdyに変えなきゃいけないので、わざわざ羽田まで行ってきた。edyの機械は持ってたはずなんだけど、使わんからしまっとこ・・・と思っている間にどこへやら。

とりあえず、マイルは39,000マイル強ありました。だから30,000マイルだけedyに。
わあい、3万円もお小遣い入った。

今年は海外に行かなかったけど、こんだけポイントがたまると言うことは、無駄にしてはいけない。

ありがとう、ANA。

お陰で、お昼も食べられたし、コンビニで買い物しても使えた。なかなか便利だ。なんかお年玉をもらった気分。

もう少ししたら、また10,000マイル貯まるなあ。ヾ(^v^)k 嬉しい。

ついでに帰りのバスから見た、ベイブリッジからの景色。やっぱり私は横浜が好きだ。

あんなんになっていなかった、殺風景な倉庫ばかりの桜木町を知っているから、だから余計年月を感じる。すごく夕焼けと夜景がきれいだった。

明日は八幡様に今年のお礼をいいに言って、すっきりしよう。

(風邪は結局ぜんそくともつながって、ステロイド治療になりました。私も気管支が弱いんだな)
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-28 23:47 | おすすめ・・・

次は年賀状が・・・ (T_T)

どうしてこの季節こんな大変なことが続くのか・・・

クリスマスかと思ったら、次はお正月の用意・・・

というか、年賀状。年賀状です。ハイ。

今年は夫とは別に(今年に限ってないか)、面倒なので、印刷に出しました。(いつもは数パタ-ンを作って、友達により分けている)

でも今年は年賀状がすすまない。とりあえず住所までは印刷したんだけど、コメントが書けない。いつもはあんまりコメント書くスペ-スがないのかもしれない。う~ん。
今年は書こうと思ったらガンガン書けるので、書くことがない人には本当に困る。

今年こそ会いたいですね。←これは数年続いている。ボツ。

今年も良い年になりますよう。←空間を埋めているだけか?

あと、メ-ルを頻繁にしている友達、よく会う友達も困る。年賀状なのに、なんか伝言ゲ-ムみたいなどうでもいいことしか書けない。

困る。困る。困る。(>。<) 只今雷ゴロゴロ中。光ったf(^ー^;


いつもはコメントガンガン書けるのにな。なんでこんなにやる気がないんだろうか。

夫に電話したら、インク切れで、途中で印刷が出来なくなったらしく、すすんでないらしい。一歩リ-ドはしているらしい・・・が、私は印刷屋さんに甘んじたんだった。やっぱり負け犬だ。ワンワン。(すいません、猫にかえてもいいですか?)

だいたい年賀状の枚数を間違えて、足りないという所も、問題だ。今から買って作る?ブンブン、できません。

あ~今年はあかんなあ。来年は出だしあぎゃ~って感じかなあ。

ああ、八幡様にもお礼言いに行かないと。雨やんだら行くか。

それより、羽田・・・35000マイルが無駄になる。行かなきゃ~。

頑張れ、自分!
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-27 00:45 | ひとりごと・・・

4才の飾り付け

f0089461_191439.jpg

姪の春海がクリスマスツリーの飾り付けを手伝ってくれると言うので、よろしく~と頼んだら、私が補佐役にされ、彼女がほとんど自分で飾り付けました。

ちなみに裏側には何も飾りがありません。見えるとこだけなのね。
4才らしい考えだと思いました。

崩壊中のクリスマスツリーでした。

<("O")> ナンテコッタ!
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-23 19:01 | 毎日の写真

クリスマスプレゼントの発送・・・・

買ったはいいけど、全然手をつけていないプレゼントの山。

・・・・・・(。ヘ°)ハニャ

やばい、クリスマスはやってくるのだ。

前の会社の友達には毎年、所謂small presentを送っていたのですが、今年もしょぼいプレゼントだ。何となく、今年は包装紙の方が値がはっているような気がする。環境破壊推進か!(自分でつっこむ)

前の大学の同僚には、私が欲しかったラベンダ-の香りのハンドクリ-ム。数が足りなくて、自分の分はなし。(T_T)

そういうもんだよね、人生なんて。

メッセ-ジカ-ドを書いたり、作ったりして、それから住所を印刷して、送るバッグに貼って、ふぅ~、見たら夜中の3時。NHKのロボコンの北陸大会かなんかのテレビを見ていました。今時のロボコンは縄跳びまでさせるんですよ。感心して見ちゃった。

それから、愛する片山敦夫さんへのクリスマスプレゼントをバッグに入れ、ドキドキしながらメッセ-ジを書いて・・・ ああ、また緊張してきた。もう敦夫さんのことを考えると、10才代の女の子に戻った気持ちになります。ふぅ。何とかメッセ-ジを書いて、封をして、これだけはゆうパックにして、ちゃんと届いたかチェックするんだ♪

敦夫さんはとても優しいので、例えばTシャツとかプレゼントすると、ライブで着てくれるんです。なんと優しい。
あっ、あたし自分の世界に入っている?やばい?戻らなきゃ・・・

はい、現実です。

それを今日全部郵便局に持って行き、すごく混んでいるところで、30分くらいかけて送ったのでした。ねえちゃん、対応のろいって・・・ もっとちゃっちゃと捌けないとまっずいんちゃうの?ほら、助っ人のおっちゃんが来たやん。おっちゃん捌くの速いで。と眺めながら、コンコン咳をして、風邪をばらまきながら待っていました。日付指定したり、これはアメリカで、これは日本で、これはモスクワでとか、そういうのもあったので、余計パニクッたのでしょう。すいません。

という訳で、ちんけな100円お土産から、ちょっとお高めなゼントまで、いってらっしゃ~い。ちゃんと届くんだよ。

やっと終わったと思ったら、今度は年賀状。
今年は時間がないと思って、印刷に出しておいたので(自分の分は)、宛名を印刷するだけ・・・

と思ったら、プリンタ-が良い子に働かない。

1枚1枚はがきを差し込まないとだめ。7割くらいまで印刷して疲れたので、後は手書きをすることに。
とりあえず今晩中に年賀状も制覇するぞ。
すぐに夫に渡して、夫にもコメント書いてもらって、投函してもらわないといけないから。

夫も今頃年賀状の写真を選んで自分の年賀状を作っているんだろうな。宛名はこれからだな。ははははっ。

年末はやっぱり忙しいね。それよりも早く風邪治ってくれ。
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-23 18:51 | ひとりごと・・・

区別がつかない

f0089461_3351472.jpg


写真はデイジーです。
でもマーガレットとノースポールの区別がつきません。三人そろっていれば、これは何ちゃう?と選べる?かもしれないのに、バラバラじゃ、もう成績もらわれへんでも我慢するわ。という気分になります。

かわいいお花大好き(^-^)

すまんねえ、ヘビーな話がなかなか書けなくて…筆が重いのなんのって、おおちゃくして書いてません。気分の良いときに書きたいね。ごめん。
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-22 03:35 | 今日のお花♪

いきなりの病棟への移動・・・

病棟にあがれることになりました。と言っても、いつも先生に会うことはないので、声の出せない父から、口パクで聞くだけです。
ほんまなんか?噂なんか分からない。

と思たら、ほんまに移動になりました。でも院内感染の関係で、個室に入らなければならず、毎日結構なお金がかかります。

普通の高額医療費は、区の高額医療費委任払いで、2,30万円で済むところを、免除されない金額がすごくて怖いです。でも2ヶ月払えば、普通の高額医療費は4万円で済むし、障害者手帳をもらうことになったら、全額返ってくるので助かります。
じゃないと、障害者を抱え、破産するわ。

という訳で、病棟にあがりました。
二人部屋を一人で使っている状況です。救命のある看護師さんが整形の看護師さんにいろいろ頼んでくれたので、結構父は楽なようです。

ベッドがまず違う。特別にエア-ベッドを用意してもらってました。それから、枕も何種類も用意していただいている。

いろいろいいところはありますが、一番いいのは、7階で日が差したり、暗くなったり、窓が大きく部屋が大きく感じます。

今まで1階でしたが、建物の関係上、なんか地下みたいだったので、すごく生きている感じがしない状況だったので、すごくいいです。でも父に言うと、見えないから関係ないと冷たく言われますが。   でも日が差せば朝だ、暗くなれば夜だと分かるのはいいことだと思います。

病棟は、救命と違って、やっぱり看護師さんの人数が少ないです。でも元気な患者さんも多いので、ナ-スコ-ルを押しても、なかなか来てくれないということがなくなりました。これは意外でした。

整形ですから、タンを取る経験もない看護師さんが多いのですが、ちゃんと父の状況を理解してくれて、気管切開したところから、タンや分泌物を取れる看護師さんがちゃんとついていてくれます。すごくたのもしいです。

今父はリハビリ、手のリハビリ、足のリハビリ、声を出すリハビリ、嚥下するリハビリをしています。リハビリはかなり大変で、リハビリの後はぐったりしています。でも精一杯頑張って、動かせなかった手が少しずつ上に、顔がかけるようになってきました。起きて手は上に上げられませんが、寝ていて手を顔に近づけることは出来るようになってきました。 すいのみで水を一口飲むとき、私はだいたいの場所に吸い飲みを持って行くと、右手と左手で挟んで口に含んで、飲みます。まだ両手を合わせることができませんが、事故後の手をまったく動かせないのを見ていた私はすごい感動です。

ちなみに手も足も動かすようになりましたが、感覚はしびれていてないそうです。

こんないい状況が続けばいいなと思う毎日になりました。
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-08 00:00 | ひとりごと・・・

救命からなかなか病棟にあがれないこの事実・・・

救命から、病棟になかなかあがれません。

整形の病棟にあがれても、タンが取ってもらえなくて、息が出来なくて死んでしまっては困るし、まだまだ先は長いのです。

酸素は止めてもいい数値なのですが、父は止めると(内緒でも)、後で感想を聞くと、やっぱり酸素がないと苦しいと言います。

経管栄養食の量は多くなるのに、ご飯はまだ飲み込むリハビリ中です。ご飯というか、ゼリ-を飲み込む練習をしています。

気管切開しているので、たんとか分泌物がたまって、やっぱり取るのが下手な看護師さんだと、また数分後には、他の人にタンを取る吸入を頼まなければなりません。

父は不安のど真ん中です。猜疑心も一杯です。母も病院疲れして、ふたりして泣いています。
これでは私は同じ時間にはお見舞いには行けません。

マイナスの方ばかりに目がいき、「神も仏もないね」と話して泣きます。人生一生懸命生きてきた父母、何も悪い事なんてしていないのに、ギャンブルだってするわけではないし、娯楽だって、ほとんどありません。仕事仕事の毎日でした。それなのに、こんなことになって、悲劇の二人なのです。

父も気持ちが落ち着かず、いろんな患者さんがいて、アラ-ムがなってばかりで、確かに精神的にあまりいい環境とは言えません。

神奈リハは、脊髄病棟というのがあり、脊髄損傷した人ばかりいる病棟です。だからよわっちいこと言っていられません。私たちも、励まし甲斐があります。だから神奈リハには絶対連れて行きたい。
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-04 21:09 | ひとりごと・・・

神奈川リハビリテ-ション病院へ

神奈川リハビリテ-ション病院へ、父のデ-タを持って、入院できるかどうか話を聞きに行ってきました。

本厚木か愛甲石田からバス。愛甲石田から行きましたが、車いすの人がいても普通な感じで、数少ないバスを待ちました。

本当に環境がいいというか、空気がいいというか、そういう山間の中にいきなり巨大な病院が見えてきました。

ここはとてもリハビリに関してはいい病院なので、入りたい人も多く、だから入れるのかどうか、お医者さんに会うのは怖かったです。

でも噂とは違って、ここは厳しいからとか脅されることもなく、一応事故の話と現状をお話ししました。

その後、ソ-シャルワ-カ-の方と会うことになりました。

その方は女性で、決して若い方ではありません。でもその分安心感がありました。
母はその安心感のある話し方に、心がゆるんだのか、泣きながら話しをしました。

それから1週間後、文書で入院許可証のようなものが来ました。ただ今は満床なので、空きが出次第ということでしたが。

父はそれまでに、気管切開を閉じられるようにならないといけないし、点滴もはずれないとダメだし、酸素なしでも大丈夫にならないとならないのです。

頑張れ、父ちゃん。それをいうのは凄く過酷だと思うけど、頑張ってもらわないと困るのだ。

神奈リハに行って、退院して、自分の手でビ-ルを飲んで欲しい。ちなみにたばこはやめるそうです。多分今は呼吸が苦しいからだと思うけど・・・
[PR]
by ellie9889 | 2006-12-04 20:46 | ひとりごと・・・



私の毎日のちょっとした発見を書いていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧