春原日記~my diary~

一青窈さんのライブにいきました

15日の土曜日に、東京国際フォーラムでやる一青窈さんのツアー最終日に行ってきました。
私のひいきにしている鍵盤奏者が、バックバンドに出ているので。(あっドラムの方も、わすれてごめんなさい)

ライブの話はおいといて・・・・・

初めて、型にはまった、多分言われたとおりに弾いている彼をみました。
いつもはのりのりで、体をぐわんぐわんと動かし、乗りの良いタッチの勢いで指ははねるし、最後は立ちまくりで、周りの人と笑顔を交わしながら弾いている彼がです。

そりゃあさあ、一青窈さん静かな音楽だから・・・ いえいえ「もらい泣き」もロックバージョンでした。

それで、分かったんです。だから自分のバンドを作って、小さな箱でも(いつも満員ぎっしりですが)、安い料金で、好きな音楽を弾いているんだと。こういう我慢があるから、やっぱり自分のできる限りのおかずをいれたノリノリの音楽をしたいんだと。

あの笑顔の人が、真面目に弾いていて、私もひきました。
これがプロのお仕事で、ご飯を食べるための演奏なんだなあと。

普段はすごい人です。私はサザンのサポートと、斎藤誠さんのバンドと、the bondという自分たちのバンドで弾いている姿しか見ていなかったので、ソロも思い切り弾かせてもらえて、アレンジもして、「すごいよ、敦夫さん」と見とれてしまう彼しか見ていなかったのです。

あまりのショックの大きさに、呆然としました。いつも見たライブの感想を彼に送っているのですが、今回は何を書いたらいいか分からなくて、次回会ったときにも、「一青窈さんのライブいきました」とは切り出せないでしょう。

ああ、もったいない。


ところで、私はファンクラブ席に座ったのですが、あんまりにもみんな静かで、びっくりしました。
私はいつもノリノリで、「座ってもいいですから」と言われても、立っていらずにはいられない、よく双眼鏡を顔にぶつけるくらいはじけているので、ペットボトルの水を終わりまで1滴も飲まず、終わったのは初めてでした。(ホール内では基本的に飲食禁止ですよ!!!)(笑)
結構いろいろなライブに行っている私も、あまりにもファンの熱気を感じないので、驚きです。このライブが初体験なら、ライブなんて行くようにはならないだろうな、みたいな。ライブって楽しむもんじゃないの?リズムも切らないのりって一体?

クラッシックでもリズムの切れるあたしだからでしょうか?
[PR]
by ellie9889 | 2006-04-18 10:28 | LIVE♪
<< 夫がいない日・・・・ 若いということ… >>



私の毎日のちょっとした発見を書いていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧